太陽光発電アドバイザー資格

最近は原子力問題でエコといわれが注目されています。

 

実際につけようとしてもたやすいことではありません。簡単に取り付けられるものではありませんから・・・。

 

業者はたくさんいる中、どのメーカーにしたらいいのか?

 

簡単に見積もりを取るために業者を屋根にのぼってもらってもいいのもだろうか・・・。

 

そんな時頼りになるのが専門家ですね!!

 

 

現在では色々な資格があり、資格を持っていると就職する時などにはかなり有利になるという事は知っていると思います。

 

色々な資格がある中でも、太陽光発電アドバイザーと呼ばれている資格がある事を知っているでしょうか。

 

太陽光発電アドバイザーとは、太陽光発電に関する色々な知識を持っているプロで、更には知識だけではなく、技術力も持っていなければいけない資格となっています。

 

特に取り付けた後のトラブルが急増しています。

 

「パネルをつけるにはとても適した屋根」といわれつけてみたらまったく日陰で意味がない。

 

工事終了後に見積もり価格より余計に請求された。


屋根が壊され雨漏りがする
などつけたことで家の状態の悪化が一番困りますね。

 

悲しいかなトラブルが急増しているのは現実です。

 

これからはどんどん伸びてくる資格となる事が予想される為、興味のある人は是非とも太陽光発電アドバイザーの資格を取得しておくべきでしょう。

取得する為に♪

太陽光発電アドバイザーの資格を取得する為には、どのようにすればよいのかを説明していきます。

 

まずは太陽光発電アドバイザーの資格について知っておかなくてはいけないのですが、太陽光発電アドバイザーの資格は民間資格となっているので、特に受験の条件は無く、指定された日までに申し込みをしておけば誰でも資格を取得する事が可能です。

 

また、不動産関係の職業の人や、建築関係の職業の人が主に取得を目指している資格となっています。

 

 

この資格をもっているので名刺にこの資格を提示。

 

名刺に提示しただけで業績、信用度もアップしたとうれしい声も聞こえてきます。

 

最近では営業マンが一段となって資格を取りにくる企業があるほどです。

 

それだけトラブルも増えているということなのでしょうか・・・。

 

申し込みを行ったら、指定された日時に試験会場へ足を運んで受験をするのですが、
受験をする時には受験料が8800円必要となり、合格した際には登録する為の手数料として13000円掛かるので、個人で取得するのには向いていない資格です。

 

更に5年ごとの更新が必要となる事も覚えておきましょう。

太陽光発電アドバイザー資格関連ページ

「逆潮流あり」日本初のソーラー発電住宅に向けて
太陽光発電システムをお得に設置するには、沢山の判断材料を集めるという面倒な作業が必要です。設置業者の無料見積を上手に使うことで、自分の条件にぴったりの設置業者を選ぶことができます。
「自分で電気を作ると」日本初のソーラー発電住宅での生活
太陽光発電システムを検討するに当たっての豆知識を掲載しています。
「日本の未来は」日本初のソーラー発電住宅竣工からその後
太陽光発電システムを検討するに当たっての豆知識を掲載しています。
「日本中が注目」日本初のソーラー発電住宅は
太陽光発電システムを検討するに当たっての豆知識を掲載しています。
ジェネシス計画を具体的に計算すると
太陽光発電システムを検討するに当たっての豆知識を掲載しています。
ジェネシス計画を実現させるためには
太陽光発電システムを検討するに当たっての豆知識を掲載しています。
ジェネシス計画―全世界のエネルギーを太陽光発電でまかなう計画
太陽光発電システムを検討するに当たっての豆知識を掲載しています。
太陽光発電システムの普及
太陽光発電システムをお得に設置するには、沢山の判断材料を集めるという面倒な作業が必要です。設置業者の無料見積を上手に使うことで、自分の条件にぴったりの設置業者を選ぶことができます。
バングラディシュでの太陽光発電の普及
太陽光発電システムをお得に設置するには、沢山の判断材料を集めるという面倒な作業が必要です。設置業者の無料見積を上手に使うことで、自分の条件にぴったりの設置業者を選ぶことができます。
太陽光発電 〜デザーテック〜
太陽光発電システムをお得に設置するには、沢山の判断材料を集めるという面倒な作業が必要です。設置業者の無料見積を上手に使うことで、自分の条件にぴったりの設置業者を選ぶことができます。
太陽光発電の国家戦略
太陽光発電システムをお得に設置するには、沢山の判断材料を集めるという面倒な作業が必要です。設置業者の無料見積を上手に使うことで、自分の条件にぴったりの設置業者を選ぶことができます。
原発から発生した使用済み燃料の処分
原発がこれまで通り再稼動するとした場合、震災前は毎年1000トン出ていたので、あと6年半で一杯になる計算になります。