「日本の未来は」日本初のソーラー発電住宅竣工からその後

 1992年7月31日、日本初の太陽光発電住宅、通称「桑野太陽光発電所」が竣工しました。

 

当日は桑野さんの技術者仲間が多数駆けつけ、盛大な発電式が行われました。

 

その様子はTVニュースで報道されることとなりました。これが住宅でのソーラー発電の普及の原動力となったのです。

 

 ある日近所の小学校から桑野さんに見学したいとの申し込みがありました。

 

理科の授業でおもちゃのソーラーカーを組み立てて太陽の光で動かす実験をしていたが、もっと大型の太陽光発電を見学させたいとのことでした。

 

桑野さんは喜んで(その日は有給をとって仕事を休んで)子供達に屋根に設置した太陽光パネルやそれで発電した電気で映ったテレビ、蛍光灯の明かりを説明を交えながら見せてあげたそうです。

 

 その後もマスコミがたびたび取材したり、近隣のみならず遠方からも小中学校あるいは一般の方々からの見学の申し込みがあったそうです。

 

 これだけの反響があったことについて桑野さんは、環境問題が注目された時期だったものの、一般の方々が出来ることが新聞、古雑誌、牛乳パックなどの古紙回収くらいしかなかったこと。

 

太陽光発電は身近(上記のおもちゃのソーラーカーやソーラー電卓が普及していました。

 

また桑野さんはソーラー電卓を開発した技術者でもあります)でわかりやすかったことが理由でないかと分析しています。

 

 竣工から20年。当初は1.4kWだった太陽電池は、5年後に0.4kW増設され計1.8kWとなり現在に至ります。

「日本の未来は」日本初のソーラー発電住宅竣工からその後関連ページ

「逆潮流あり」日本初のソーラー発電住宅に向けて
太陽光発電システムをお得に設置するには、沢山の判断材料を集めるという面倒な作業が必要です。設置業者の無料見積を上手に使うことで、自分の条件にぴったりの設置業者を選ぶことができます。
「自分で電気を作ると」日本初のソーラー発電住宅での生活
太陽光発電システムを検討するに当たっての豆知識を掲載しています。
「日本中が注目」日本初のソーラー発電住宅は
太陽光発電システムを検討するに当たっての豆知識を掲載しています。
ジェネシス計画を具体的に計算すると
太陽光発電システムを検討するに当たっての豆知識を掲載しています。
ジェネシス計画を実現させるためには
太陽光発電システムを検討するに当たっての豆知識を掲載しています。
ジェネシス計画―全世界のエネルギーを太陽光発電でまかなう計画
太陽光発電システムを検討するに当たっての豆知識を掲載しています。
太陽光発電システムの普及
太陽光発電システムをお得に設置するには、沢山の判断材料を集めるという面倒な作業が必要です。設置業者の無料見積を上手に使うことで、自分の条件にぴったりの設置業者を選ぶことができます。
バングラディシュでの太陽光発電の普及
太陽光発電システムをお得に設置するには、沢山の判断材料を集めるという面倒な作業が必要です。設置業者の無料見積を上手に使うことで、自分の条件にぴったりの設置業者を選ぶことができます。
太陽光発電 〜デザーテック〜
太陽光発電システムをお得に設置するには、沢山の判断材料を集めるという面倒な作業が必要です。設置業者の無料見積を上手に使うことで、自分の条件にぴったりの設置業者を選ぶことができます。
太陽光発電の国家戦略
太陽光発電システムをお得に設置するには、沢山の判断材料を集めるという面倒な作業が必要です。設置業者の無料見積を上手に使うことで、自分の条件にぴったりの設置業者を選ぶことができます。
原発から発生した使用済み燃料の処分
原発がこれまで通り再稼動するとした場合、震災前は毎年1000トン出ていたので、あと6年半で一杯になる計算になります。
太陽光発電アドバイザー資格
太陽光発電アドバイザー資格、信用度もアップ。今注目されている資格です。