太陽光発電を広げよう

可能な限り太陽光発電システムを取り付けると ちりも積もれば山となる、という言葉がありますが、これを太陽光発電システムに当てはめるとどうなるでしょうか。

 

 

 日本中の全ての一戸建て住宅は2700万戸、このうち約8割の家に太陽光発電システムを取り付けるとします。(ビルの陰になって取り付けが出来ないケースを想定して)
 2700万戸×0.8=2160万戸
 4キロワットの太陽光発電システムを設置するとして、一件当たり年間4000kWh発電するので
 2,160,000×4000kWh=86,400,000,000kWh=864億kWh

 

 さらにアパート、マンションなどの集合住宅についても屋上に太陽光発電システムを設置する。
 集合住宅は66万棟あり、設置する太陽光発電システムは単純計算で一戸建ての5倍とすると
 660,000×0.8×20000kWh=106億kWh

 

 住宅以外にも太陽光発電システムは設置できます。
 日本全国の事業所は33.5万箇所、これらには工場の屋根など膨大なスペースがあるので集合住宅の10倍、一般家庭の40倍は設置できると考えられます。
 33.5万×0.8× 200000kWh=536億kWh

 

 ここまでで、計1506億kWh。
 今話題の大飯原発3、4号機の発電量はフル稼働して
 236万kW×24h×365日=207億kWh
 大飯原発3、4号機の7.5倍になります。
 2009年の日本中の全ての原子力発電による発電量は2780億kWh。
 かるく原発の半分以上を発電できるのです。

 

 もっといえば公共の施設、産業施設、空き地にも設置は可能です。それに震災以降、ほぼ原発なしで生活してきた訳ですから、これだけ電力を作れれば「原発なしでも日本は大丈夫」と言えるでしょう。

太陽光発電を広げよう記事一覧

一般的に太陽光パネルの表面は、ガラスでできています。そのため光を反射します。この反射する光が隣接する住宅に差し込むと非常に眩しくてその家の人に迷惑をかけることになります。太陽光発電を設置する場合は、反射する光が差し込むなど影響を与える可能性がある高層建築物がないか確認する必要があります。また通常は南側に太陽光パネルを設置するが、北側に設置する場合もありその場合、南側に比べて低い角度で太陽光があたり...

太陽光発電にしても従来通り、ガスコンロの利用、ガス給湯器などそのまま利用していただいてかまいません。太陽光発電システムからの電力量が多い(いつも余剰電力がある)ご家庭の場合は、オール電化にすると、ガス料金がかからなくなりお得です。ただ注意していただきたいのは、オール電化にともなう分電盤の交換工事、配線の張り替えなどの費用はかかります。また一度オール電化をした後は、もとのガスを併用していた状態にもど...

日本における災害時(停電時)としては考ええられる天災は、地震、津波、台風、ハリケーン(稀ですが、あります)などがあります。その他、天災以外の停電時として、原子力発電所、ダム水力発電所、火力発電所からの電力の供給がなんらかのトラブルが生じてしまった場合、例えば、天災による各発電所自体の崩壊など(福島原子力発電所など)でストップしてしまった時に、各家庭や地域への電気の供給は止まったままの状態、つまり停...