太陽光発電システムは、災害時(停電時)にも電気を使えるか

日本における災害時(停電時)としては考ええられる天災は、地震、津波、台風、ハリケーン(稀ですが、あります)などがあります。

 

 

その他、天災以外の停電時として、原子力発電所、ダム水力発電所、火力発電所からの電力の供給がなんらかのトラブルが生じてしまった場合、例えば、天災による各発電所自体の崩壊など(福島原子力発電所など)でストップしてしまった時に、各家庭や地域への電気の供給は止まったままの状態、つまり停電になってしまいます。

 

ところが、ソーラパネルによる太陽光発電システムは、災害時、停電時には、まったく影響なく稼働することができます。

 

太陽光から電力に変えるソーラパネルが壊れてしまった場合や、ソーラパネルからの電力を家庭内で使うための電力に変更しコントロールを行うパワーコンディションが故障してしまったなどの場合を除き、電気は常に災害時、停電時にかかわらず使うことができます。

注目のシステム

太陽が出る良い天気であれば、常に使えることはもちろんのことですが、パワーコンディションがある程度の容量があり、太陽光電力を蓄える力があれば、天気が悪いときにもこの蓄えを利用して電気を使うことができます。

 

 

日本は地震の国でもあります。津波も2011年の例のように生じます。台風の国でもあります。天災時だけでも、停電が生じる可能性がとても高いです。従来の発電所からの電気の供給だけでは、需要不足が生じてしまうでしょう。

 

今後、ますます太陽光発電のシステムの重要性は高まることでしょう。各ご家庭で太陽光発電システムを導入する事は、今後生じる、災害時(停電時)に備えることができるという意味でも必要不可欠なエネルギーシステムではないでしょうか。

災害時(停電時)にも電気を使えるか?関連ページ

隣接する住宅に迷惑かけない?
反射する光が隣接する住宅に差し込むと非常に眩しくてその家の人に迷惑をかけることになります。しかし設置するほうも基本的なことなので任せておいても問題がないでしょう。しかし中には悪質な業者がいることも忘れてはいけません。
オール電化についての疑問・注意点
太陽光発電システムにするとオール電化にしなくてはならないの?そのまま使える?などの疑問にお答えいたします。注意点などの知識も身につけましょう。