隣接する住宅に迷惑かけない?

一般的に太陽光パネルの表面は、ガラスでできています。そのため光を反射します。

 

この反射する光が隣接する住宅に差し込むと非常に眩しくてその家の人に迷惑をかけることになります。

 

 

太陽光発電を設置する場合は、反射する光が差し込むなど影響を与える可能性がある高層建築物がないか確認する必要があります。

 

また通常は南側に太陽光パネルを設置するが、北側に設置する場合もありその場合、南側に比べて低い角度で太陽光があたり反射するので注意が必要となります。

 

また太陽光パネルを設置するには架台が必要です。

 

太陽光パネルと同様に風雨にさらされています。通常想定される台風等の強風に耐えることができす破損または落下することに隣接する住宅等に被害を与えるこことは許されません。

設置する場所を検討

JIS規格に定められた地上15mで60m毎秒程度の風圧に耐える必要があります。

 

また家が密集する市街地に設置する場合は、パネルから落ちる雨水や積雪地域では積もった雪が隣接地落ちた通行する人に当たってり、周囲に悪響を与えないように充分対策を行わなければなりません。逆に周囲から影響を受ける場合があります。

 

太陽光発電は、太陽光に当たることによって発電するため、周囲遮蔽物によって影ができると発電量が減少します。

 

設置する場所の周囲に高層建築物、隣家の屋根、樹木、山等の状態を充分確認しなければなりません。

隣接する住宅に迷惑かけない?関連ページ

オール電化についての疑問・注意点
太陽光発電システムにするとオール電化にしなくてはならないの?そのまま使える?などの疑問にお答えいたします。注意点などの知識も身につけましょう。
災害時(停電時)にも電気を使えるか?
自然災害はいつやってくるかわかりません。電気の供給だけでは、需要不足が生じてしまうでしょう。そのための備えとして太陽光発電の設置検討してみてはいかがでしょう。