太陽光発電システムの設置を判断する情報収集

太陽光発電システムをお得に設置するためには、

 

自分の家の屋根の条件に合ったシステム」を、

 

一番良いタイミング」に「安心できる保障内容」で「安く設置してくれる業者」を選ばなければなりません。

 

 

これには下記の情報を収集して判断をしなければなりません。

 

「自分の家の屋根の条件に合ったシステム」を判断する情報

 

・屋根の日照環境
・屋根のパネル設置可能面積
・毎月どのくらいの電力を使用しているか
・屋根裏から見た構造データ
・屋根の図面
・メーカーごとの性能比較

 

「一番安いタイミング」を判断する情報

 

・国の補助金の動向
・都道府県の補助金の動向
・市町村の補助金の動向
・売電価格の動向
・太陽光発電システムの市場動向

 

「安心できる保障内容」を判断する情報

 

・システムメーカーごとの設置可否
・システムメーカーごとの保障内容
・設置業者の保障内容
・設置業者の保険加入

 

「安く設置してくれる業者」を判断する情報

 

・まったく同じシステムを設置する場合の設置業者の見積
※これが以外に大変です。

 

このように判断材料をそろえるには非常に大変な手間が掛かります。

 

私自身もそうでしたが、これだけの最新情報を集めなければならないと考えるだけでうんざりしてめげてしまいます。

 

ですから、始めから自分で情報を収集することはあきらめました。詳しい人にかわりにやってもらうことにしました。

実績のある業者を頼む

無料見積もりは、あくまでも太陽光発電システムの導入する為の、概算的な見積もりなので家の竣工設計図書から出来る限り、家の構造を書き取りその書き取ったデータをもとに見積もり積算をする必要が有ります。

 

幾ら細かく書き取ったであっても、実施工積算書とは違いますから、概算検討用ものとして活用しなければなりません。

 

 

例えば、最近は家電量販店などでも、太陽光発電システムのコンシェルジェを配置し無料見積もり相談をうけています。

 

建物の設計・施工の経験が無い業者に相談しても意味ありません。しっかり研修をを受け、民間の協会の認定証にて対応している経験豊富な業者をお勧めいたします。
大雑把な見積もりになってしまうのが残念なところです・・・。

 

導入参考の資料としてお考えください。

 

一例として、過去には太陽光給湯システム(ソーラーシステム)が一時期ブームでした。

 

何故なら、販売を地元電気店さんが見積もりをして、設置工事などの施工までしていましたが、屋根構造も当然のこと乍ら素人です。そんな素人より実績のある事業者に頼んで見積もりを取ることをお勧めいたします。

 

ちょっとした台風などの風に耐えれずパネル破損、屋根の破損が多く全国的に発生した事、貯塔タンクの設計不具合による必要給湯出来ない、

 

天候によって熱変換できず給湯出来ないなど苦情多発している今こそ保障、実績重視といえるのではないでしょうか。

私の経験談

自分で情報収集をすることを断念した私は、次に適切なアドバイスをしてくれる専門家を探すことにしました。それは、太陽光システムを設置する業者の営業マンです。

 

営業マンなんて自分たちの都合の良いことしか言わないでしょ?そんな人が言っていることを鵜呑みにしていいの?

 

こんな声が聞こえてくると思います。でも、彼らほど現場に近い人たちは居ません。

 

 

メーカーごとの評判や実際の設置事例もあるので、情報を持っている本当の専門家といえます。

 

その彼らを上手に使うことができれば一番良いと考えました。

 

問題は彼らが自分に都合の良いように、情報をねじ曲げてしまう可能性があるということです。

 

この問題については、5人の意見を比べていけば、情報の違いというのが分かるのではないかと考えました。

 

さすがに5回も説明を受ければ大体のウチの傾向も分かりますし、どの人の情報を信じて良いのかが分かるような気がしたのです。

 

このような流れで、私が選んだ方法は、太陽光発電システムの見積を一箇所に依頼して、複数の見積を取るという方法でした。

 

今は便利なもので、一つのホームページに情報を記入すると無料で複数の業者を簡単に手配してくれます。

 

5社に自分が直接電話していたら大変ですからね。

 

そして、2日間で5社の設置業者にウチの屋根を見てもらって、見積をお願いしました。その後、この5社の営業マンから自分の家の屋根に合ったメーカーを提案してもらい、
”費用回収のシュミレーション”なんかも作ってもらいました。やはり5人から提案してもらうと非常に分かりやすかったですね。

 

5社も呼ぶとしつこい営業をされて面倒なことにならないか不安もあったのですが、やはりある程度の審査基準を設けて業者を紹介しているホームページに業者紹介を依頼したので、そのような嫌な思いをせずに済みました。

 

非常に使い勝手が良かったと思います。

 

そして、その業者の中から最終的には2社に絞って、最終的な値切り交渉をしていきました。

 

この方法で、自分ではかなり満足な業者選びができたと実感しています。

 

これから太陽光発電システム設置を検討している方にとって、少しでもお役に立てればと思いました。

 

私が実際に使ってみた一括無料見積ができるサイトです。

太陽光発電の無料見積を上手に使う方法記事一覧

太陽光発電は、最近の買い取り固定価格制度導入より多く施工業者が参入してきています。パネルより生産する大きなメーカからパネルを購入してきて設置する建築業者や、請け負うだけで安い施工を行う業者に丸投げする業者まであります。現在多くのメーカ、施工業者は無料で設置工事の見積もりをしてもらうことが可能です。その内容はほとんどの場合簡易見積りになります。見積り金額のみにこだわるのではなく、事前にインタネットや...

太陽光発電を導入する為には、どれぐらい初期費用が掛かってしまうのかがわからないという人も多いと思いますが、実際はどれぐらいの初期費用が掛かるのでしょうか。太陽光発電システムの初期費用は、メーカーや業者、ワット数などによって多少変わってくるのですが、基本的に家庭で使用する太陽光発電の場合は、3キロワットか4キロワットとなっているので、3キロワットの場合には160万円から170万円ぐらいが平均的な初期...

太陽光発電システムは、太陽電池に太陽の光を集め電力を作り、パワーコンディショナーによって直流から交流に交換し家庭でつかる電力にしてから住宅で利用します。つくられた電気のうち、家庭で利用して余る分、余剰電力については、電力会社に売電します。この、売電する際の売電価格というのはどのように決定しているのでしょうか。まず通常の電力使用量料金というのは、電力単価×使用電力量によって決まります。これと同じよう...

経済産業省の電力システム改革専門委員会は5月18日、家庭向けの電力小売事業への新規参入を認める案を取りまとめました。電力小売完全自由化です。また家庭向けの電気料金についても規制を撤廃する方向でまとまりました。競争原理によって電気料金を下げるのが狙いです。現在、契約電力50kW以上の事業所までは電力小売は自由化されており、特定規模電気事業者の参入が認められていますが、一般家庭向けについては東京電力、...

太陽光発電を導入した場合には保証が付いているのが一般的なのですが、せっかく太陽光発電を導入したのに、保証が付いていないではないかという事で設置業者ともめたという経験がある人もいると思います。通常は10年間保証や10年以上の保証が付いているものなのですが、中には保証が付いていないという場合もあるのです。設置業者によって保証が付いている場合と付いていない場合があるのはなぜなのでしょうか。それは、設置業...

一戸建ての屋根に取り付けた太陽光発電システムでその家の使用する電力を賄うことは可能です。太陽光が晴天時に地表に与えているエネルギー、1平方メートル当たり=1000W/h太陽光発電の変換効率を低めに見て(一番低いアモルファスシリコンにあわせて)10%。つまり100W/hの電力が作れます。日本の一日の日照時間の平均は3.84時間(気象庁の発表)なので一日の発電量は 100W/h×3.84h=384W=...

最近はクリーンエネルギーや環境に良いエネルギーの開発などが積極的に行われ、法律にも盛り込まれていくようになりましたが、そんな中でも太陽光発電に関係している法律も盛り込まれ、二酸化炭素を出さないような発電を行っている家などを対象に、電力の買取りを行うようになりました。以前とても高くて取り付けている家を見るのも珍しいほどでしたがエコという言葉とともにクリーンエネルギーの代表ともいえるほどまでみなに知れ...