無料見積を上手に使う方法

 

太陽光発電は、最近の買い取り固定価格制度導入より多く施工業者が参入してきています。

 

 

パネルより生産する大きなメーカからパネルを購入してきて設置する建築業者や、請け負うだけで安い施工を行う業者に丸投げする業者まであります。

 

現在多くのメーカ、施工業者は無料で設置工事の見積もりをしてもらうことが可能です。

 

その内容はほとんどの場合簡易見積りになります。見積り金額のみにこだわるのではなく、事前にインタネットや書物で知識を備えることよって総合的に施工方法やメンテナンス技術、機器保証内容、補償内容まで見極める知識を養うことが大事となります。

 

メーカ、施工業者を選ぶ知識を得た場合、次に実際に見積りを依頼することになります。その場合、太陽光パネルの種類等いくつかのメーカや施工業者に見積りを依頼しなければなりません。

 

一部の業者は、他の業者との競合を避けるため今決めてもらうえば値引きしますと誘う業者もありますが、できる限り複数の見積りを依頼し比較します。

 

金額については、一式ではなくできるだけ詳細な内容を比較検討してください。

 

一度設置すると交換することが困難なシステムです。疑問点はできるだけ解消してから契約するようにしてください。

良い設置業者の見分け方

太陽光発電の設置を検討していて、このページを読んでいる方には、いろいろな不安や知りたい知識があると思います。

 

家電や車を購入検討する場合は、ホームページやカタログを見比べて、自分で購入する商品をかなり絞り込んでから、安く買えるお店を探せば、お得な商品を購入することができますが、太陽光発電の設備を選ぶにはその方法は向きません。

 

太陽光発電の設備は、まだ発展途上の業界ですので、メーカー・商品を選ぶのに非常に多くの専門知識と現場経験が必要となっています。

 

残念ながら、まだカタログやホームページを見て判断できるほど整理されていないのです。

 

例えば、屋根に設置できる広さや向けられる方角、日照時間によって条件はまったく変わってしまうので、マッチするメーカーや商品も違ってきます。カタログにはソーラーパネルの発電量が記載されていますが、あの数字も7割〜8割程度が実際に発電されれば良い方で、下回る場合がほとんどです。

 

カタログで3.5kwの発電設備を設置したとしても実際に発電される量は2.5kwくらい出れば良いほうなんです。

 

屋根に合ったものを判断するには、その設備を実際に設置した経験があって、どのくらいの実発電量が出たか知っている人でなければ正確な判断がつきづらいのです。

 

このほかにも設置を検討するにあたって、あなたが判断をくだすために必要な知識は、保障期間や内容についての知識、補助金の知識、投資効率を検討する知識、お得なローンの知識・・・と沢山あります。

 

正直申し上げて、一般の方が一から勉強してこの知識をすべて手に入れるのは、非常に骨が折れる大変な作業です。

 

・・・では、自分で選べなければ、どうしたら良いのでしょうか?

 

 

専門家に相談に乗ってもらうのが一番です。

 

知識と経験を豊富に備え、良心的で、自分に一番合うと思われる商品を提案してくれる専門家に聞くのです。中途半端な知識をつけて選ぶよりも、絶対に得する方法であることは間違いありません。

 

そして、この専門家というのが、毎日知識と経験を積んでいる太陽光発電の設置業者なんです。

 

彼ら設置業者は無料であなたの屋根にあった提案(見積)を作って来てくれますので、上手に利用しない手はありません。彼らもそれを喜んでサポートしてくれるので十分に活用しましょう。

 

専門家(設置業者)に相談する際に気をつけなければならないことがあります。

 

それはニセ専門家(ボッタクリ業者)の提案を鵜呑みにしないということです。震災後の急激な需要増加によって、このニセ専門家が多く参入してきました。専門家から提案(見積)を受けるか、ニセ専門家から提案を受けるかによって100万円以上の差が出てしまいます。

 

太陽光発電システムの一括見積サイトを上手に利用する用法はこちら

具体的にはどうしたら良いの?

それでは、良い専門家(設置業者)を見分けるための具体的な方法に入っていくことにしましょう。

 

良い設置業者を選んで、賢く太陽光発電を設置するには、できるだけ沢山の業者から見積を取るのが一番の近道です。10社程度の見積を取得することをおススメします。10社程度の見積を見比べれば、およそ自分の家の屋根に合った提案というものが見えてきます。

 

「急いで申込しないと補助金がもらえません・・・」

 

「設置する屋根の面積が小さくても、北向きでも十分に設置できます・・・」

 

こんな寝ぼけたことを堂々と言える業者が混じっていても、沢山の見積を見ていると”おかしい?”ということが分かって、すぐに切り捨てることができます。しかも、分からないことがあれば沢山の専門家(設置業者)に質問することができるのです。

 

10社程度の設置業者から見積を取ることが、良い設置業者を見分けるコツということを覚えておいてください。

 

次に沢山の設置業者からどのように見積を取るかについてご説明します。

 

10社も見積を取るのは大変だな〜・・・と思った方も多いと思います。

 

確かにまともに10社を相手にして見積を取るのはとても大変な作業です。1社1社対応して、話しを進めていくには大きな労力が必要となります。ここでお教えするのは、そんなに大変な方法ではありません。

 

非常に簡単に取得することができますのでご安心ください。

 

 

一括見積(マッチング)サイトをご存知でしょうか?

 

”太陽光発電”などと検索すると沢山出てくる、一回の申込で複数の見積を一度に取ることができるサービスです。しかも無料です。ここ最近非常に多くなってきています。
この一括見積サイトを賢く使うことで、沢山の業者から簡単に見積を取ることができるのです。

 

沢山の業者から簡単に見積を取得するには、一括見積サイトを上手に使うということを覚えておいてください。

一括見積(マッチングサイト)を使うメリット

素人の方が見積を取得するにはマッチングサイトがおススメです。これは私が別の業種でマッチングサイトを運営しているということもあって、仕組みを良く理解しているからです。

 

ある程度の規模のマッチングサイトであれば、業者を紹介することを事業として人を使って運営しているはずです。

 

お客様から苦情が来るような業者を紹介した場合、法的には問題に問われませんが、噂が出回って評判が落ちてしまうと事業が継続できません。ですから、彼らも生活をかけて業者を吟味しています。

 

紹介した業者からのトラブルを聞きつけたら、自分たちの評判のためにも必死に対応してくれるはずです。

 

まだ初めて間もないサイトは質よりも業者の量を確保するために、業者のクオリティーが低いということが考えられます。また、サイト運営者自体の知識が不足しているために、トラブルに対応するノウハウにも期待できません。

 

マッチングサイトを選ぶなら運営期間と規模を確認するようにしてください。

 

※ネット上での評判など気にしていない設置業者や営業会社に素人が直接連絡するのが一番危険ですね。注意してください!

無料見積を上手に使い良い設置業者を見分ける関連ページ

初期費用と補助金
初期費用がどれぐらい掛かるかという事も把握しておかないと比較ができません。おおよその目安を把握しておくことをお勧めいたします。地域によって補助金の額が違いますので注意しましょう。
売電価格と値上げ
東京電力は電気料金の値上げの計画を発表しました。一般家庭向けの電気料金は平均10.28%値上がりする計算になります。また売電価格というのはどのように決まっているのかについて解説しています。
電力小売完全自由化
経済産業省の電力システム改革専門委員会は5月18日、家庭向けの電力小売事業への新規参入を認める案を取りまとめました。
設置業者の保証
太陽光発電を導入した場合には保証が付いているのが一般的です。通常10年だといわれいます。太陽光発電の機械を取り付ける前確認してみましょう。
電気の自給自足
電力を自給自足することについてまとめてみました。
再生可能エネルギー特別措置法
固定価格買い取り制度のことです。二酸化炭素をささないで電気を作れるのは太陽光発電のみです。環境を守るために作られた制度です。