太陽光発電システムの初期費用

 

太陽光発電を導入する為には、どれぐらい初期費用が掛かってしまうのかがわからないという人も多いと思いますが、実際はどれぐらいの初期費用が掛かるのでしょうか。

 

 

太陽光発電システムの初期費用は、メーカーや業者、ワット数などによって多少変わってくるのですが、基本的に家庭で使用する太陽光発電の場合は、3キロワットか4キロワットとなっているので、3キロワットの場合には160万円から170万円ぐらいが平均的な初期費用となっており、4キロワットの場合には200万円から220万円ぐらいとなっています。

 

初期費用とは、太陽光発電を設置する時に掛かるすべての費用なので、太陽光発電に必要な機械類の購入、取り付け工事の費用など全て含めた費用が初期費用です。

 

太陽光発電のホームページを見てみると、設置費用が50万や60万などと表示している場合もあると思いますが、それは1キロワットあたりの値段となっているので、全ての費用ではありません。

 

また、この値段はあくまで平均的な値段なので、平均的な値段よりも明らかに安い場合や高い場合には注意しましょう。

失敗しないコツ

どこのメーカーが信頼できるのか、どこのメーカーが安く取り付けを行ってくれるのかをきちんと比較して選ぶ事や、評判や口コミなどもしっかりと比較しておかないと、悪徳業者や技術力の無いような業者に当たってしまう恐れがあります。

 

 

そうならない為には、初期費用がどれぐらい掛かるかという事も把握しておかないと判断できませんので、しっかりと覚えておきましょう。

太陽光発電の補助金

現在では太陽光発電を導入した場合、補助金がおりる仕組みになっている事は知っていると思いますが、この補助金は少々わかりにくくなっているので、太陽光発電を導入する前にしっかりと確認しておくようにしなければいけません。

 

 

では、太陽光発電の補助金のしくみはどのようになっているのでしょうか。

 

太陽光発電の補助金には3通り存在していて、国からおりる補助金、都道府県からおりる補助金、市区町村からおりる補助金に分かれています。

 

国からおりる補助金は一定金額となっているので、どこに住んでいても同じ金額の補助金がおりるようになっているのですが、都道府県や市区町村は、その地域によって補助金の金額が異なっているのです。

 

中には補助金を出していないような地域も存在しているので、太陽光発電を導入する場合には、自分が住んでいる地域の補助金がどうなっているのかを、インターネットできちんと調べておくか、都道府県に問い合わせをしておく必要があります。

 

インターネットであれば、日本全国の都道府県や市区町村の補助金を調べる事が可能となっています。

都道府県や市区町村によって違うので注意

太陽光発電の補助金は、都道府県や市区町村によって金額が変わってくるので、人によってはきちんと金額を統一して行うべきという意見を持っている事が多くなっていますが、このような事をしているから地方によって導入率に大きな差ができてしまうのです。

 

地方で勝手にこのような事を決める事を禁止しなければ、今後太陽光発電の導入率が上がっていかなくなるという事態に陥る可能性もあります。

太陽光発電システムの初期費用と補助金関連ページ

無料見積と良い設置業者とは
太陽光発電システムを設置する業者をどのように選べばトラブルを回避することができるのでしょうか?お得な業者を見分ける方法について解説します。
売電価格と値上げ
東京電力は電気料金の値上げの計画を発表しました。一般家庭向けの電気料金は平均10.28%値上がりする計算になります。また売電価格というのはどのように決まっているのかについて解説しています。
電力小売完全自由化
経済産業省の電力システム改革専門委員会は5月18日、家庭向けの電力小売事業への新規参入を認める案を取りまとめました。
設置業者の保証
太陽光発電を導入した場合には保証が付いているのが一般的です。通常10年だといわれいます。太陽光発電の機械を取り付ける前確認してみましょう。
電気の自給自足
電力を自給自足することについてまとめてみました。
再生可能エネルギー特別措置法
固定価格買い取り制度のことです。二酸化炭素をささないで電気を作れるのは太陽光発電のみです。環境を守るために作られた制度です。