設置業者の保証

太陽光発電を導入した場合には保証が付いているのが一般的なのですが、せっかく太陽光発電を導入したのに、保証が付いていないではないかという事で設置業者ともめたという経験がある人もいると思います。

 

 

通常は10年間保証や10年以上の保証が付いているものなのですが、中には保証が付いていないという場合もあるのです。

 

設置業者によって保証が付いている場合と付いていない場合があるのはなぜなのでしょうか。

 

それは、設置業者が10年保証を受けられる条件を満たしていない為なのです。では、10年保証を受ける為にはどのような条件を満たした業者でなければいけないのでしょうか。

条件を満たしているか調査する

まずはメーカーが発行しているIDを取得している事が第一の条件となり、次にメーカーが発行している取り付けのマニュアル通りに工事が行われている事が第二の条件となります。

 

 

更にメーカーの純正品を使用して取り付けを行っている事が第三の条件となるので、これらの条件を全て業者が満たしていなければ、10年保証を受ける事ができなくなっているので注意しましょう。

 

このようなトラブルを回避するためには、太陽光発電の機械を取り付ける前に、しっかりと保証が付いているかどうかを確認しておく必要があります。

 

また、故障の原因などによっては保証が受けられない場合もあるという事を把握し、どんな条件ならば10年保証が適用されるのかも覚えておかなくてはいけません。

 

このようなややこしいシステムがある事が太陽光発電の欠点と言えるでしょう。

設置業者の保証関連ページ

無料見積と良い設置業者とは
太陽光発電システムを設置する業者をどのように選べばトラブルを回避することができるのでしょうか?お得な業者を見分ける方法について解説します。
初期費用と補助金
初期費用がどれぐらい掛かるかという事も把握しておかないと比較ができません。おおよその目安を把握しておくことをお勧めいたします。地域によって補助金の額が違いますので注意しましょう。
売電価格と値上げ
東京電力は電気料金の値上げの計画を発表しました。一般家庭向けの電気料金は平均10.28%値上がりする計算になります。また売電価格というのはどのように決まっているのかについて解説しています。
電力小売完全自由化
経済産業省の電力システム改革専門委員会は5月18日、家庭向けの電力小売事業への新規参入を認める案を取りまとめました。
電気の自給自足
電力を自給自足することについてまとめてみました。
再生可能エネルギー特別措置法
固定価格買い取り制度のことです。二酸化炭素をささないで電気を作れるのは太陽光発電のみです。環境を守るために作られた制度です。