再生可能エネルギー特別措置法

最近はクリーンエネルギーや環境に良いエネルギーの開発などが積極的に行われ、法律にも盛り込まれていくようになりましたが、そんな中でも太陽光発電に関係している法律も盛り込まれ、二酸化炭素を出さないような発電を行っている家などを対象に、電力の買取りを行うようになりました。以前とても高くて取り付けている家を見るのも珍しいほどでしたがエコという言葉とともにクリーンエネルギーの代表ともいえるほどまでみなに知れ渡るようになりました。

 

 

その法律は2012年7月に作られたいわゆる固定価格買い取り制度。再生可能エネルギー特別措置法なのですが、この名前だけではいちよくわからないという人が多いと思います。

 

二酸化炭素を出さない発電方法で、実際使用するに至っている発電方法は、風力発電、水力発電、バイオマス発電、太陽光発電、地熱発電などがありますが、一般の家庭で行う事ができるのは太陽光発電ぐらいなものです。

 

よって太陽光発電を対象とした法律と言っても良いのが再生可能エネルギー特別措置法なのですが、この法律の目的は、一般家庭に太陽光発電をもっと普及させるための法律とも読み取れます。

 

二酸化炭素を出す事なく、余った電気も買い取ると宣言しているような法律なので、利用者側にはお得と思えるような法律です。

 

関心高まる

特に東日本大震災以降は、クリーンエネルギーに対しての関心が一気に高まってきているので、太陽光発電を自宅に入れたという人も増えてきているのですが、いくら再生可能エネルギー特別措置法を導入しても、太陽光発電などの再生可能エネルギーの発電方法には大きな欠点もあります。

 

 

価格自体も引き下げられた現実も無視できない。どのくらいの価格で決めるのかもこれからの大きな問題といえるであろう。

 

それは電力不安定である事や、十分な量の電力を得ることが難しい事にあるので、やはり数十年間は原子力発電に頼るのが最も無難な方法です。

再生可能エネルギー特別措置法関連ページ

無料見積と良い設置業者とは
太陽光発電システムを設置する業者をどのように選べばトラブルを回避することができるのでしょうか?お得な業者を見分ける方法について解説します。
初期費用と補助金
初期費用がどれぐらい掛かるかという事も把握しておかないと比較ができません。おおよその目安を把握しておくことをお勧めいたします。地域によって補助金の額が違いますので注意しましょう。
売電価格と値上げ
東京電力は電気料金の値上げの計画を発表しました。一般家庭向けの電気料金は平均10.28%値上がりする計算になります。また売電価格というのはどのように決まっているのかについて解説しています。
電力小売完全自由化
経済産業省の電力システム改革専門委員会は5月18日、家庭向けの電力小売事業への新規参入を認める案を取りまとめました。
設置業者の保証
太陽光発電を導入した場合には保証が付いているのが一般的です。通常10年だといわれいます。太陽光発電の機械を取り付ける前確認してみましょう。
電気の自給自足
電力を自給自足することについてまとめてみました。