太陽光発電システムメーカーごとの特徴

太陽光発電システムメーカーの特徴、売電価格基礎知識を掲載しました。

 

太陽光発電システムの設置を検討する際にお役立てください。

太陽光発電システムのメーカー記事一覧

1999年にドイツで設立されたQセルズ。世界最大の太陽電池セルメーカーの一つに数えられています。高品質であり美しく、信頼性の高い製品づくりに定評があり、合理的工程に関して独自の基準を設けているという企業です。Qセルズの特徴としてはその製品作りにあります。北海道よりも北になるドイツ、ライプツィヒというところで太陽パネルの研究開発を行っています。この地域は年間の日射量が少ない環境です。こうした太陽電池...

2001年にカナダで設立されたのがカナディアンソーラーです。太陽電池の総合メーカーとしてカナダに1か所、中国に7か所の生産拠点があります。コストパフォーマンスに優れているというのが、このカナディアンソーラーの太陽光発電システムで、特徴的なのが耐過重性脳です。フレームだけで1枚当たり700kgもの過重に耐えることができるということで、積雪地帯などへの設置も可能な製品です。サンテックパワー同様、世界基...

サンテックパワーは、日本ではじめてモジュール出力保証を25年で提供している企業です。通常、モジュール出力保証は10年ですが、世界基準は25年。つまりサンテックパワーの商品は、世界に通用する太陽光モジュールだということです。長く安心して利用できるというのはユーザーにとってうれしいことですね。多結晶型セルではなく、単結晶セルを採用しています。これは、性能・品質ともに高品質であり長く安心して利用できると...

太陽電池累計生産量世界NO1という実績を持っているのがシャープです。すでに太陽光発電システムに関して、50年以上という長い歴史を持っているメーカーですから、やはり、心強いですね。実績もコストもよいというメーカーがシャープです。シャープの太陽光発電システムはなんといっても高効率化技術が魅力。従来利用していた多結晶モジュールとは違い、受光量がぐんと高くなり送電ロスも発電ロスも提言しているのです。このシ...

最近コマーシャルでもおなじみのソーラーフロンティア。モジュールに20年出力保証を付けるなど、消費者のことをよく考えた太陽光発電システムです。ソーラーフロンティアの太陽電池は、新世代ソーラーパネルのCIS太陽電池を採用しています。CIS太陽電池とは、主成分が銅、インジウム、セレンを用いた太陽電池。薄膜系の太陽電池の中にあり、変換効率が高いということが最大の特徴となります。結晶シリコン系の太陽電池とC...

パナソニックの太陽光発電システムの特徴は、小さい屋根という設置環境が悪い状態でも発電量が稼げる、また屋根への負担が少ないシステムであるということです。パナソニックの独自の技術によって発電能力がぐっとアップしています。太陽の熱によって発電するのですから、暑ければ暑いほどいい・・と考えがちですが、実は、モジュールの表面温度が高温になりすぎると、逆に発電効率が落ちてしまうというのがモジュールの弱点でもあ...

ホンダというと、自動車メーカーとして知名度がありますね。多くの方がホンダというと、自動車を思い浮かべると思います。そんなホンダの子会社として2006年に誕生したのが、ホンダソルテックです。ホンダソルテックの太陽光発電システムの特徴は、まず、影に強いという点。銅、インジウム、ガリウム、セレンといった原料と化合物半導体を発電に利用している太陽電池を採用していることから、もしモジュール部分が一部分影に覆...

京セラの人気太陽光発電システム「SAMURAI」は、さまざまな屋根の形状に合わせて設置できるように、3種類のパネルを用意しています。現在、日本の住宅の屋根の形状は多様化しており、その多様化にマッチした太陽光発電システムが、京セラの商品です。3種類のパネルの種類がありますから、複雑な形状の屋根でも小さい設置面積の屋根でも無駄を作らずきれいに設置することができます。ともすれば住宅の見た目を大きく損なう...

三菱電機の太陽光発電システムはたっぷり発電できるということが最大の魅力です。単結晶タイプで210W/200W、多結晶タイプで190Wを実現しています。ロスを抑えた変換ができるということも三菱電機の太陽光発電システムの特徴です。モジュールによってたっぷり発電した電気を、しっかり家庭用電力変換します。三菱電機のパワーコンディショナーの電力変換効率は業界でもNO1クラス。だからこそ、充実の太陽光発電を実...

三洋電機の太陽光発電システムは世界に先駆けたアモルファス太陽電池の工業化に成功し、アモルファスと単結晶シリコン併用型の「HIT」という太陽電池を開発。このHITが世界最高水準の発電効率と温度特性を持っているのです。現在、日本で販売されている太陽光発電システムの交換効率で一番高いのが東芝のものですが、その変換効率に近づきつつあるのが三洋電機のモジュールです。小さい屋根という立地条件の悪い場所でも、し...

技術へのこだわりを強く持っているのが長州産業です。太陽電池モジュールの発電ロスを最小限に抑え、世界最高レベルの変換効率を目指して日夜研究と努力が行われています。非常に企業努力の高い長州産業です。こだわりは製品以外の部分、施工に関してもかなり強く、長州産業独自の技術講習を修了した専門認定施工員以外、施工することができません。機器が優れていても施工によってその能力が減少してしまうこともありますから、そ...

発電量に強いこだわりを持っているのが東芝です。また、住宅の美観を損なうことなく高級感のあるスタイリッシュな太陽光発電システムの設置がしたいという方にはお勧めなのが東芝です。最大セル変換効率22.6%、最大モジュール変換効率19.3%という世界最高の発電力を誇るのが東芝の太陽光発電システムです。充実の変換効率で安定した発電力を得られるというのが東芝の最大の特徴です。また、日本の住宅事情をよく考慮した...