設置までの流れ

太陽光発電システムを設置しようと検討されている場合、まず、情報収集が必要になります。

 

太陽光発電システムのメーカーによっても、システムの能力等に違いがあります。設置費用に関しても違いがあります。さらに、太陽光発電システムには国、都道府県、地方自治体などの補助金制度があります。

 

国の補助金以外にも、各都道府県や地方自治体によって補助金制度が行われていれば、補助金申請を行うことで補助金を得ることができます。

 

設置する地域で補助金制度があるかどうかということも確認しておきましょう。

業者の選択

次に、業者の選択です。そのメーカーを扱っていないというところもありますので、業者に確認することが必要です。業者を選択したら見積もりを取りましょう。

 

見積は比較検討が必要になりますので1社ではなく、少なくとも2社は取るべきです。実際に、設置する住宅を確認してもらい見積もりしてもらいましょう。

 

 

業者が決まったら業者と工事詳細を決定します。

 

日取り等が決まれば、工事にかかる前に補助金申請を行いましょう。補助金等の申請が終わったら設置となります。太陽モジュールの取り付け、機器設置、さらに電気配線工事を行います。

 

 

太陽光発電システムの設置が終了したら、電力受給契約を行います。これは、余剰電力を電力会社へ売り、不足した分を電力会社から買うという契約を行います。

 

これによって電力会社との連係ができるようになります。

 

最後に、設置業者が立会い、太陽光発電システムが正常に運転しているかどうかを確認し、運転開始、設置完了となります。

 

太陽光発電システムの一括見積サイトを上手に利用する用法はこちら

設置をどうやって検討するのか?

太陽光発電システムの設置を検討するなら、沢山の要素を検証しなければなりません。

 

これらの質問に明確な答えを返すことが出来ますか?

 

・お宅の屋根の日当たりは十分ですか?

 

・お宅の屋根の構造はメーカーの保証対象となっていますか?

 

・国の補助金の状況はいかがですか?

 

・お宅の度道府県の補助金の状況はいかがですか?

 

・お宅の市町村の補助金の状況はいかがですか?

 

・今後の売電価格を見据えて今の状況はいかがですか?

 

・太陽光発電システムのシステム価格の状況はいかがですか?

 

・太陽光発電システムはどのように進化するのでしょう。今買っても大丈夫ですか?

 

・システムを設置するのは今が良いタイミングですか?

 

・施工する会社はどのように決めますか?

 

・メーカーはどのように決めますか?

 

・あなたが投資したお金は費用対効果として見ていかがですか?

 

あなたはこれらの質問にしっかりと答えられますか?

 

 

この程度の質問に答えることが出来なければ、太陽光発電システムを設置するために十分検討したとは言えません。
インターネット上を探し回っても、なかなか明確な答えは載っていません。

 

無理だからと言って、目をつむって買ってしまえるほど安いものではありませんね。

 

それではこれらの疑問点を全部調べて、あなたにとって最適なタイミングとシステムの設置を考えるにはどうしたら良いのでしょうか?

どのように検討材料を集めればよいのか?

これらの問題を解決するには、専門的な知識を持っている人に相談するのが一番の解決方法です。
専門的な知識とあなたの地域での経験を備えている人であれば、これらの疑問にすぐに答えることが出来ます。

 

専門家を選ぶ際に注意しなければならないのが、相談する相手が本当にあなたの為を思って考えてくれた答えなのか?
本当に知識と経験を兼ね備えた専門家なのか?ということです。

 

あなたの親身になって考えてくれる知識と経験を兼ね備えた専門家をどうやって探せばよいのでしょうか?

 

それは、沢山の専門家に見積を作ってもらうことです。

 

 

同じ条件で5社以上の見積を取れば、まったく知らない素人でも見比べて、間違ったところを指摘することが出来るようになってしまいます。
そして5人以上の専門家それぞれに相談できるので、自分の都合の良いように誘導しようとしている業者をすぐに見抜くことが出来るようになります。

 

業者からの見積には投資回収のシュミレーションや補助金などの状況が細かく記載されています。
上記のような質問に関する答えはすべて教えてくれます。

 

まずは、これらの資料を見てから設置するかどうかを検討することをおススメします。

 

業者に見積を依頼するとしつこい営業にあうと思われるかもしれませんがそんなことはありません。
一括見積サイトから取得することで業者からのしつこい営業を防ぐことが出来ます。

 

太陽光発電システムの設置を検討しているのであれば、まずは業者からの見積を取得することです。

 

見積は無料ですので是非効果を実感してみてください。

 

太陽光発電システムの一括見積サイトを上手に利用する用法はこちら

太陽光発電システム設置までの流れ記事一覧

太陽光発電システムは太陽の光を電力に変え、住宅の電気に利用するシステムです。余剰分については売電という方法で電力会社に売ることになります。現在は、太陽光発電システムに蓄電機能が付き、パネルによって集められた電力を蓄電池によってためておき、夜になってから利用するということができるようになりました。一般的によく利用されているのがリチウムイオン電池です。この蓄電池はハイブリッドカーなどにも利用されており...

太陽の光を使って発電するシステムです。この光エネルギーを電力にかえる電気機器である太陽電池を利用します。これは、シリコンの半導体でできています。半導体の特徴は温度に敏感で、温度が上がるほど電気の伝導性が増します。太陽電池で利用する半導体の具体的な中身は、特性が異なる2種類の半導体を組み合わせたものです。これが光を吸収したときに各々の半導体の中の電子が反応し動きだします。この時に生じた電位差が電力を...

太陽光発電システムを設置し、それからの費用というのも考えておかなくてはなりません。メンテナンスについてです。通常、太陽光発電システムはメンテナンスフリーと言われています。その他の機器と比較して、単純な作りになっているシステムなので、定期的にメンテナンスをして経過を見ながら・・・ということは必要ありません。屋根に設置する機器ですから、砂、ほこり、落ち葉などが付着するということもありますが、通常、雨や...

代替得エネルギーとして活用されているソーラパネルは、どの家でもつけられるのでしょうか?答えは、どんな家にもつけられるわけではありません。いくつかの条件をクリアする必要があります。まずは太陽の光が十分に届く家で、かつ備えつけるソーラパネルの大きさを十分に確保できるスペースがあること条件となります。そもそもソーラパネルとは、太陽の光を熱エネルギーに変換するパネルです。メカニズムは、太陽電池を使って、日...

代替得エネルギーとして活用されているソーラパネルは、どの家でもつけられるのでしょうか?答えは、どんな家にもつけられるわけではありません。いくつかの条件をクリアする必要があります。まずは太陽の光が十分に届く家で、かつ備えつけるソーラパネルの大きさを十分に確保できるスペースがあること条件となります。そもそもソーラパネルとは、太陽の光を熱エネルギーに変換するパネルです。メカニズムは、太陽電池を使って、日...

太陽電池から電気を取り出すには、太陽電池セルと呼ばれる太陽電池一つ一つに電極を取り付けて取り出す必要があります。一つ一つのセルから発生する電力は小さいので大きな電力を必要とする場合、セルを直列に接続することにより大きな出力得ることができます。この太陽電池セルを集めたものを太陽光モジュールと呼びます。セルを基盤の上に並べた太陽光モジュールは、太陽光電池より出力される電力を外部に取り出す端子を取り付け...

そもそも太陽エネルギーはどのくらいあるのでしょうか。太陽は核融合によって毎秒90000000000兆kcalのエネルギーを放出しています。しかし太陽から地球まで1億5000万km離れているため、地球に到達するエネルギーは毎秒42兆kcalと大幅に減少します。そのうち12兆kcalは宇宙へ反射し、残り30兆kcalを地球が吸収します。地球が吸収したエネルギーは20兆kcalが地表で熱となり、10兆k...

太陽光発電には2種類のシステムがあります。 系統連係型システム太陽光パネルを電力会社の電力系統つまり送電線と連係、端的に言えば接続をして、電気をやり取りするシステムのこと。発電量が多いときは電気を売って、発電量が少ないときは電気を買う、自宅に太陽光発電システムを設置するケースの定番のシステムです。 独立型システム電力会社を全く介さず、生活に必要な電力を発電し、その電気を貯めて必要なときに使うシステ...