メンテナンス

太陽光発電システムを設置し、それからの費用というのも考えておかなくてはなりません。

 

メンテナンスについてです。

 

通常、太陽光発電システムはメンテナンスフリーと言われています。

 

その他の機器と比較して、単純な作りになっているシステムなので、定期的にメンテナンスをして経過を見ながら・・・ということは必要ありません。

 

 

屋根に設置する機器ですから、砂、ほこり、落ち葉などが付着するということもありますが、通常、雨や風によって洗い流されてしまうために、一般的にメンテナンスは必要ないとされているのです。

 

 

ただ、太陽電池モジュールやパワーコンディショナーなどが故障してしまうと太陽光発電システム自体の能力が低下してしまいますので、発電量の低下が起こった際にはやはりメンテナンスを行ったほうが、住宅の電力使用に関しても、売電に関しても有効だということは間違いありません。

 

 

長い年数利用するものですから、耐用年数が10年、20年というものであっても、定期的にメンテナンスを受けておくことは、機器を長く持たせることにもつながりますし、もしも故障が発生していた場合に、早めの対処ができます。

 

設置後、1年経過してメンテナンスや点検に来ることを10年保証に含んでいるという業者もいますので、そうした業者で設置を行うと、丁寧に対応してくれます。

 

太陽光発電システムの一括見積サイトを上手に利用する用法はこちら

太陽光発電システムのメンテナンス関連ページ

蓄電池の普及状況
太陽光発電システムの今後の展開を考えるにあたり重要な要素となるのが蓄電池の普及です。蓄電池が普及することによって大きく前進する可能性があります。
自家発電の仕組み
太陽光発電とは太陽の光が家庭内で電気として利用できるまでの処理を行う機器を太陽光発電システムのことです。仕組みを詳しく説明いたしまします。
ソーラパネル設置条件
ソーラパネルの大きさを十分に確保できるスペースがあること条件です。また観光地など地域など特殊な条件もありますので専門家に相談することをお勧めします。
設置条件と理想的な環境
ソーラパネルの大きさを十分に確保できるスペースがあること条件です。また観光地など地域など特殊な条件もあります。太陽光の能力をフルに発揮するためには理想的な環境を知る必要がありますね。ちょっとまとめてみました。
太陽電池モジュールとは?
太陽電池セルを集めたものを太陽光モジュールと呼びます。ソーラーパネルと同じものです。太陽光モジュールについて詳しく説明いたします。
太陽エネルギーはどのくらいか
太陽の莫大なエネルギーはどのように換算したら良いのでしょうか。
2種類の太陽光発電システム
太陽光発電システムには独立型システムと系統連係型システムとがあります。