太陽電池モジュール

 

太陽電池から電気を取り出すには、太陽電池セルと呼ばれる太陽電池一つ一つに電極を取り付けて取り出す必要があります。

 

一つ一つのセルから発生する電力は小さいので大きな電力を必要とする場合、セルを直列に接続することにより大きな出力得ることができます。

 

この太陽電池セルを集めたものを太陽光モジュールと呼びます。セルを基盤の上に並べた太陽光モジュールは、太陽光電池より出力される電力を外部に取り出す端子を取り付けます。

技術革新に期待

受光部に関しては、ガラス等により太陽光電池を保護し、水などが入らないように隙間は充填剤で埋めてセルを保護します。さらに大きな電力を必要とする場合は、モジュールをさらに直列に接続します。

 

これは太陽電池ストリングと呼ばれています。セルには使用する材料によってシリコン系と化合物系に分けることができます。

 

現在はシリコン系太陽光電池が多く採用され地球上に多く存在するシリコンを材料とした太陽電池です。

 

シリコン系には結晶系と非結晶系であるアモルファス系があります。結晶系シリコンは歴史が長く安定した性能や優れた変換効率により主力となっています。

 

アモルファス若干効率が低いが、低コストであるため技術革新が期待されています。

太陽電池モジュールとは?関連ページ

蓄電池の普及状況
太陽光発電システムの今後の展開を考えるにあたり重要な要素となるのが蓄電池の普及です。蓄電池が普及することによって大きく前進する可能性があります。
自家発電の仕組み
太陽光発電とは太陽の光が家庭内で電気として利用できるまでの処理を行う機器を太陽光発電システムのことです。仕組みを詳しく説明いたしまします。
メンテナンス
太陽光発電システムの設置を検討するにあたり、メンテナンスについての知識を掲載しています。
ソーラパネル設置条件
ソーラパネルの大きさを十分に確保できるスペースがあること条件です。また観光地など地域など特殊な条件もありますので専門家に相談することをお勧めします。
設置条件と理想的な環境
ソーラパネルの大きさを十分に確保できるスペースがあること条件です。また観光地など地域など特殊な条件もあります。太陽光の能力をフルに発揮するためには理想的な環境を知る必要がありますね。ちょっとまとめてみました。
太陽エネルギーはどのくらいか
太陽の莫大なエネルギーはどのように換算したら良いのでしょうか。
2種類の太陽光発電システム
太陽光発電システムには独立型システムと系統連係型システムとがあります。