どの家でもつけられるのでしょうか?

代替得エネルギーとして活用されているソーラパネルは、どの家でもつけられるのでしょうか?

 

答えは、どんな家にもつけられるわけではありません。いくつかの条件をクリアする必要があります。

 

 

まずは太陽の光が十分に届く家で、かつ備えつけるソーラパネルの大きさを十分に確保できるスペースがあること条件となります。そもそもソーラパネルとは、太陽の光を熱エネルギーに変換するパネルです。メカニズムは、太陽電池を使って、日中に太陽から届く光を直接電力に変換することができます。つまり、太陽の光が少ししか届かない家にはこのソーラーパネルは向いていません。

 

また、たくさんの太陽の光が届く家でも、ソーラパネルを設置できるスペースがなければソーラーパネルはつけられません。電力に変換するための自然エネルギーである太陽光が少ないとだめです。主に、家やビルなどで一番太陽が当たる場所である屋根への取り付けが多く見られます。

 

場合によっては、屋根が周りの木々などで太陽が遮られがちな場合などは、別の場所で太陽が十分に届き場所で、庭などに設置されている場合もあります。また、自動でパネルの面が、太陽の動きにそって、ひまわりの花のように向きを変えるソーラパネルを設置されているところもあります。

 

限られた1日の太陽光を最大限に利用する工夫もされている。日があたらない雨の日や曇りの日は、ソーラパネルは、この太陽光を熱エネルギーに換える事ができません。従って、晴れの日に十分な太陽の光を吸収し、熱エネルギーに変換し、蓄えておく必要があります。ビルの谷間にある家で、一日の内2〜3時間しか、太陽が光が届かない家は、ペネルを設置できるスペースがあっても、つけられません。

設置する際の注意点

ソーラパネルのメリットは、電池交換をする必要がないこと、供給線も必要ないことが、コストの面でも節約につながります。

 

その他の注意点としては、、ある家に取り付けたソーラーパネルの反射光が他の家などにあたって迷惑をかけていないかどうかである。この点を考慮すると、パネルを取り付ける場所と角度を十分に考慮した設置となります。

 

また観光地などの景観保全地区や環境保全地区にはソーラーパネルの設置に制限があるところがありますので、この地区内にある家への設置は、まずこの確認が必要となります。

ソーラパネルはどんな家にもつけられるか?関連ページ

蓄電池の普及状況
太陽光発電システムの今後の展開を考えるにあたり重要な要素となるのが蓄電池の普及です。蓄電池が普及することによって大きく前進する可能性があります。
自家発電の仕組み
太陽光発電とは太陽の光が家庭内で電気として利用できるまでの処理を行う機器を太陽光発電システムのことです。仕組みを詳しく説明いたしまします。
メンテナンス
太陽光発電システムの設置を検討するにあたり、メンテナンスについての知識を掲載しています。
設置条件と理想的な環境
ソーラパネルの大きさを十分に確保できるスペースがあること条件です。また観光地など地域など特殊な条件もあります。太陽光の能力をフルに発揮するためには理想的な環境を知る必要がありますね。ちょっとまとめてみました。
太陽電池モジュールとは?
太陽電池セルを集めたものを太陽光モジュールと呼びます。ソーラーパネルと同じものです。太陽光モジュールについて詳しく説明いたします。
太陽エネルギーはどのくらいか
太陽の莫大なエネルギーはどのように換算したら良いのでしょうか。
2種類の太陽光発電システム
太陽光発電システムには独立型システムと系統連係型システムとがあります。