蓄電池の普及状況

太陽光発電システムは太陽の光を電力に変え、住宅の電気に利用するシステムです。

 

余剰分については売電という方法で電力会社に売ることになります。

 

現在は、太陽光発電システムに蓄電機能が付き、パネルによって集められた電力を蓄電池によってためておき、夜になってから利用するということができるようになりました。

 

 

一般的によく利用されているのがリチウムイオン電池です。

 

この蓄電池はハイブリッドカーなどにも利用されており、繰り返しの充電にも耐え、寿命も長いという特徴を持っています。

 

家庭で電力が一番消費されるのは、やはり夜間です。空調、電化製品、そして給湯など、たくさんの電力を使用します。

 

昼間太陽光によって蓄電池にたくさんの電力をため、それを夜間に利用することができるため、効率よくコストを考慮した使用が可能になります。

蓄電池は停電時に備える電力にもなる

太陽光発電システムは地球環境にやさしい電力を作るということで注目されていましたが、現在では、蓄電池を利用し、各家庭で停電時に備える電力を補えるようにというニーズが高くなっています。

 

蓄電池の研究・開発は各メーカーによって進められており、すでに大容量の蓄電池を併用している太陽光発電システムも住宅メーカー向けに販売が開始されています。

 

これから先は、住宅で電力を作り、余剰分を売電、また蓄電しながら非常時に安心な暮らしを作るということに力がそそがれていくようです。

 

最新の動向と解説は、専門家である太陽光発電システムの設置業者に聞くのが一番です。

 

太陽光発電を導入するかどうかを判断するために見積を取るのが良いと思います。

 

太陽光発電システムの一括見積サイトを上手に利用する用法はこちら

蓄電池の普及状況関連ページ

自家発電の仕組み
太陽光発電とは太陽の光が家庭内で電気として利用できるまでの処理を行う機器を太陽光発電システムのことです。仕組みを詳しく説明いたしまします。
メンテナンス
太陽光発電システムの設置を検討するにあたり、メンテナンスについての知識を掲載しています。
ソーラパネル設置条件
ソーラパネルの大きさを十分に確保できるスペースがあること条件です。また観光地など地域など特殊な条件もありますので専門家に相談することをお勧めします。
設置条件と理想的な環境
ソーラパネルの大きさを十分に確保できるスペースがあること条件です。また観光地など地域など特殊な条件もあります。太陽光の能力をフルに発揮するためには理想的な環境を知る必要がありますね。ちょっとまとめてみました。
太陽電池モジュールとは?
太陽電池セルを集めたものを太陽光モジュールと呼びます。ソーラーパネルと同じものです。太陽光モジュールについて詳しく説明いたします。
太陽エネルギーはどのくらいか
太陽の莫大なエネルギーはどのように換算したら良いのでしょうか。
2種類の太陽光発電システム
太陽光発電システムには独立型システムと系統連係型システムとがあります。