投資回収期間は10年以下を目指しましょう!

投資回収

10年以下で太陽光発電システム設置金額を回収できるのであれば、十分投資に値するものだと思います。
年利10%の投資はどこにでも転がっているものではありません。
アパート一棟を購入してもなかなか実現できない利回りです。

 

業者が出したシュミレーションで10年以上であれば十分だと思います。
しかし、シュミレーションの利回りだけに意識が向いてしまうと、口先だけのいい加減な業者にだまされる可能性が大きくなります。
メーカーの信頼性や設置業者の保証やアフターケアについても確認が必要です。

 

あくまで目安ですから、シュミレーションの数字だけを深追いしないようにしてください。


投資回収期間の計算

投資計算

これが投資回収シュミレーションをする際の書式です。
計算の元となる数字をよく見ていただければ分かると思いますが、結構複雑な計算になります。
大雑把な数字を入れることは簡単ですが、正確なシュミレーションをしようとすると年間予想発電量などメーカーの数字をそのまま入れることはできません。
自宅の屋根の向きや環境によって大きく左右される要素がたくさん含まれています。

 

実際にその住んでいる地域で、システムを設置し、発電量を確認したことがある人でなければ、本当のシュミレーションにはならないのです。

 

メーカーが出している都合良い数字をそのまま当てはめて、回収期間が6年になってもあてにはなりません。
太陽光発電システムを設置するうえで、投資回収シュミレーションは重要な判断材料の一つです。
プロである太陽光発電の設置業者にシュミレーションを依頼してみてください。

 

太陽光発電システムの一括見積サイトを上手に利用する用法はこちら


太陽光発電システム投資回収の考え方記事一覧

国税庁の質問コーナーには9年となっています.。耐用年数とは、システムを設置する際の費用を数年に分けて費用かすることです。実際に使えなくなる寿命ではありませんのでご注意ください。

太陽光発電には大きく4つのメリットがあります。まずクリーンで枯渇しないことです。太陽光のエネルギーを直接電力に変換するため、製造にかかわる少しの電力を除いて、発電の過程で二酸化炭素はほとんど発生せず、地球温暖化対策に優れていいます。さらに石油や石炭といった化石燃料と違ってほど無尽蔵な太陽光が自然となるためパネルの寿命半永久的に発電が尽きるまでできます。次に電力系統への連系をしない場合、設置場所を選...