メリットについて

太陽光発電には大きく4つのメリットがあります。

 

まずクリーンで枯渇しないことです。太陽光のエネルギーを直接電力に変換するため、製造にかかわる少しの電力を除いて、発電の過程で二酸化炭素はほとんど発生せず、地球温暖化対策に優れていいます。

 

 

さらに石油や石炭といった化石燃料と違ってほど無尽蔵な太陽光が自然となるためパネルの寿命半永久的に発電が尽きるまでできます。

 

次に電力系統への連系をしない場合、設置場所を選びません。太陽光が当たる場所であれば、どこでも発電が可能です。

 

メンテナンスの容易さです。太陽光発電システムは、発電システムの構造が簡単で機械的稼働部分もなく耐久性もいいです。

 

太陽光パネルに埃や汚れがあっても基本的に雨か風によって流れ落ちるため基本的にメンテナンスは不要です。

 

最低限の構造的なチェックや出力のチェックレベルは確認する必要があります。

 

特に重要な部分としてパワーコンディショナーであり一般的に10年から20年と言われているのでそのスパンでのメンテナンスは必要です。次に自己増殖能力があることです。

 

現在主流となっているシリコンパネルでその材料となるシリコンは、地球上に多く存在する砂から精製することができます。そのため材料が枯渇することはありません。

デメリットについて

太陽光発電を設置するにあたってデメリットは、個人宅に設置することに関しては、大きなものはないと思います。

 

特に新築の家に設置する場合においては、当初より太陽光パネル等設備を設置するように設計しているため、基本的に問題はでてきません。

 

しかし既設の住宅に太陽光発電を設置する場合、特に問題となるのは、屋根への設置になります。もともと太陽光パネルを設置するように設計された屋根ではありません。

 

 

その屋根にパネル設置するので雨漏り等への対策が確実行われる必要があります。

 

そのようなトラブルを防止」するため国家資格ではありませんが、少なくとも太陽光発電協会が認定しているPV施工技術者のような資格もつ施工業者から選ぶ、施工事例、評判を調査する等が必要です。

太陽光発電のメリットとデメリット関連ページ

システムの耐用年数 価格推移
太陽光発電システムの設置を検討する上で、費用対効果を算出する際に耐用年数が気になるところです。価格推移についてもまとめてみました。