耐用年数は?

 

国税庁の質問コーナーには

 

9年

 

となっています.。

 

耐用年数とは、システムを設置する際の費用を数年に分けて費用かすることです。

 

実際に使えなくなる寿命ではありませんのでご注意ください。

太陽光発電システムの寿命

太陽光発電システムもパネル、架台、パワーコンディショナーなどの複数の危機から構成されていますから、やはり寿命があります。

 

 

太陽光発電システム機器類の一般的な寿命を見てみると、太陽電池パネルは20年くらい。

 

パワーコンディショナー、つまり直流から交流へ交換するための交換器が10年くらいといわれています。

 

この年数はあくまでも期待年数なので、これくらいしか持たないということでもありませんし、絶対にこのくらいは持つということでもありません。

 

ただ、太陽光発電システムの場合、ほかの機器とは違い内容的に複雑なものではありませんので、故障も少ないですしメンテナンスもあまり必要ないといわれています。

 

通常、上記期待年数はかなりの確率で持つといっていいでしょう。

 

 

設置初期の段階で初期不良があっても機器に対しての保障(太陽光発電システムの補助を受ける場合にはこの年数が10年あるものでないと対象にならない)がありますし、工事会社の保障もあるでしょうから対応できます。

 

利用していく間では偶発的故障や突発的故障があるかもしれません。

 

こうした以外の機器類本体の寿命は、初期費用回収年数以上に十分持つものと考えられています。

太陽光発電システムの価格推移

太陽光発電システムを設置する家庭が非常に多くなっています。

 

地球環境保全に関して深く考える方々が多くなり、また東日本大震災という非常に大きな災害があり、より、電力について考える人が多くなりました。

 

太陽光発電システムと蓄電システムを併用し、非常に利用できる電力をまかなうなど、電力を作り利用するということからさらに、家庭で蓄電するということを目的に利用する方も多くなっています。

 

 

太陽光発電システムが多くの方々に利用され、また、システムを制作する側の研究も進み、性能がよくコストパフォーマンスに優れた商品が開発されてきました。

 

初期コストの面を考えてみても、以前と比べてかなりのコストダウンとなっています。

太陽光発電システムはここまで安くなっている!!

太陽光発電システムの価格推移を見てみるとそのコストダウンがより鮮明にわかります。

 

1994年には200万円という高額な太陽光発電システムでしたが、1999年には約半分の939万円まで下がり、2005年には約66万円となっています。

 

補助金等を考慮しない金額で、太陽光発電システムはここまで安くなっているのです。

 

 

屋根に設置できない場合を考慮し、コンパクトなタイプ、壁に直接貼るはりつけタイプなども登場しています。

 

太陽電池も様々なものがつくられ、軽量化も図られている中で、導入費用が低くなってきているということは消費者にとっても大変うれしいことですね。

 

太陽光発電システムの一括見積サイトを上手に利用する用法はこちら

太陽光発電システムの耐用年数と価格推移関連ページ

メリットとデメリット
化石燃料と違ってほど無尽蔵な太陽光が自然となるためパネルの寿命半永久的に発電が尽きるまでできます。デメリットはありませんが屋根にパネル設置するので雨漏り等への対策が確実行われる必要があります。信用のある業者に頼むようにしましょう。